本文へスキップ

超歌劇団オフィシャルWEBサイトへようこそ!

活動履歴stage

第11回公演「どらえも のびと肉体奴隷」東京公演

第11回公演「どらえも のびと肉体奴隷」東京公演

日時 1999年7月16日(金)19:00〜、7月17日(土)14:00〜・19:00〜、7月18日(日)14:00〜
会場 タイニイアリス
作・演出 うるけん一郎太

出演
どらえも/うるけん一郎太、すね/太田昌樹、しず/笹木良子、できす・しょう/クルッパピッコ、じゃいあ/南麦茶、じゃい/味の素あ〜や、のび/うるかつ

スタッフ
音響/K・ちゃっぷ、照明/太田昌樹、会計/クルッパピッコ、宣伝/馬走POM、音響オペ/K・ちゃっぷ、照明オペ/笹木良子・他


ALICE FESTIVAL’99新宿にある小劇場「タイニイアリス」で毎年開催される「アリスフェスティバル」
2回目の東京公演は「ALICE FESTIVAL’99」参加作品として上演しました。

第6回公演「どらえも のびと肉体友情」に続く「どらえもシリーズ」第2弾。

前作のセルフリメイクに45分の新作パートを加えてトータル約90分と、超歌劇団にしては長編作品に。
言わずと知れた某マンガのパロディでお笑いを狙ったのにもかかわらず、シリアスで泣ける作品になってしまったという・・・。

じゃいあ率いる小学生マフィアが悪の限りを尽くす。

「タスケテ〜、どらえも〜」
「その甘ったれた根性をたたき直してやるぜ!」

どらえもの厳しい修行に耐え、聖龍拳の使い手となったのび。
じゃいあとの死闘・・・そして衝撃の結末。

月日は経ち・・・街には新たな悪が現れた。

それぞれの過去。
それそれの思い。
そして、傷ついたどらえもの前に現れた男の正体は・・・?

これは哀しき男たちの愛と友情の物語。





お問い合わせ先

◇当ウェブサイトに関するお問い合せ、チラシ挟み込み依頼など

choukagekidan@yahoo.co.jp
HP管理人 どうまる

◇メディア(テレビ・雑誌など)出演依頼

urukenuruken@gmail.com
携帯電話 080-4965-8242
超歌劇団主宰 うるけん一郎太