×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

超歌劇団オフィシャルWEBサイトへようこそ!

活動履歴stage

第23回公演「アクロバティック刑事」

第23回公演「アクロバティック刑事」

日時 2004年12月11日(土)19:00〜、12月12日(日)15:00〜、19:00〜
会場 寿町倉庫
作・演出 うるけん一郎太

出演
37曲署課長・警視総監/うるけん一郎太、加藤羅覇王/魚人ごろー、清水聖矢/渡辺祐介、麻生ゆき/堀田早樹子、サディスティック美香/ハル美、クルーゾー/池ヶ谷馨、大山佐子/くるっぱぴっこ

スタッフ
制作・音響・音響オペ・映像オペ/笹木良子、照明/太田昌樹、映像/笹木祐、チラシ/馬走POM、装置稼働/鈴木創、照明オペ/池ヶ谷馨、受付/味の素あ〜や・馬走POM


「フォトギャラリー(写真をクリックすると拡大されます)」

前説で「37曲署拷問課」ニューバージョンを行う。
数名の容疑者(観客)に長縄跳び、長ゴムパッチン、女性用のパンツをかぶせたりと拷問を行い増田あけみを殺害した犯人をみつける。
観客の中から選ばれた犯人、新37曲署課長、秘書は劇中に参加してもらうこととなる。

ビル倒壊、休火山(当時はw)の富士山が活火山となり噴火と客席も危険。
裂ける地面、羽が生え空中に舞う加藤、警視総監ミサイル突撃、埋蔵金発見、観客ビックリ仕掛けのてんこ盛り。
劇中映像では通りすがりのカップルが後ろでイチャついているのが入ってしまっていて、観客も驚いたが団員も驚いた。
そしてハル美のムチさばきがLv5に上がった。

特別機動警察第一部隊・清水聖矢、警視総監の命令で追った女はかつての恋人だった。
聖矢の恋人・麻生ゆきは記憶喪失・・・。
思い出すラブラブな日々・・・。

警視総監の命令を無視し、聖矢はゆきと愛の逃避行。

地位は高いが身分は低い警視総監は女王・サディスティック美香の下僕。
サディスティック美香は警視総監が隠した400兆円を狙っていたのだった。

聖矢とゆきに向けられた刺客、超能力者・クルーゾーとの死闘。
しつこく追いかける警視総監。

闇の帝王・加藤羅覇王とは何者・・・。
世界は加藤羅覇王のものになってしまうのか!?

「君の為なら死ねる!」
バカップル、聖矢とゆきの運命は!?

・・・そして、大山佐子はひとりほくそ笑む・・・。


第23回公演「アクロバティック刑事」





お問い合わせ先

◇当ウェブサイトに関するお問い合せ、チラシ挟み込み依頼など

choukagekidan@yahoo.co.jp
HP管理人 どうまる

◇メディア(テレビ・雑誌など)出演依頼

urukenuruken@gmail.com
携帯電話 080-4965-8242
超歌劇団主宰 うるけん一郎太