本文へスキップ

超歌劇団オフィシャルWEBサイトへようこそ!

活動履歴stage

第24回公演「暁に燃える白球を追え」

第24回公演「暁に燃える白球を追え」

日時 2005年3月5日(土)19:00〜、3月6日(日)15:00〜・19:00〜
会場 寿町倉庫
作・演出 うるけん一郎太

出演
大空はるか/ハル美、鮎藁こず美/堀田早樹子、風間りょう/魚人ごろー、砂土谷生徒会長/渡辺祐介、大河誠/太田昌樹、早乙女彩/くるっぱぴっこ、白川高次/鈴木創、生徒会長の父/池ヶ谷馨(映像)、生徒会長の母/味の素あ〜や(映像)、黒子/うるけん一郎太

スタッフ
制作・音響・音響オペ・映像オペ/笹木良子、照明/太田昌樹、映像/笹木祐、チラシ・受付/馬走POM、照明オペ/鈴木創、受付/味の素あ〜や


「フォトギャラリー(写真をクリックすると拡大されます)」

超歌劇団お得意の熱血スポーツもの、必殺技の応酬。
最後の大勝負での大技は観客全員参加で繰り出します。
本番で失敗するとバッドエンドになるよと観客を脅し、開演前に全員で稽古。


強いものが弱いものを支配する、まさにこの学園は弱肉強食。

バレー部・鮎藁こず美とテニス部・大空はるかの部室を賭けた死闘。
「デット・オア・アライブ」
「デイ・アフター・トゥモロー」
激しい技のぶつかり合い。
はるかはバレー部を潰す為に学園から送り込まれた刺客だったのだ。

はるかに負け部室を去ろうとするこず美の元に現れたのはさすらいのサッカー部部長・風間りょう。
バレー部もサッカー部も部員は一人だけ・・・。
語り合う2人の間に芽生えた淡い感情・・・これは恋?

命令通りこず美を倒したはるかに向かって生徒会長・砂土谷がテニス部は廃部と告げる。
学園を支配している砂土谷生徒会長は運動部撲滅すべく画策していたのだ。
約束が違うと生徒会長に抗議するはるかの前に立ちふさがる生徒会副会長・大河誠と書記・早乙女彩。
正義の使者ハンドボール部キャプテン・白川高次は一体何者?
はるかの必殺技も副会長と書記の2人には通じず、コンビ技「デイ・オブ・サンダー・コラボレーション」の前に倒れる。

・・・そこへ地獄の修行からこず美が帰ってきた!

バレーボールにかけるこず美の、
テニスにかけるはるかの、
サッカーにかけるりょうの熱き思いを一つにして生徒会長に立ち向かう。

生徒会長は何故に運動部を潰そうとしているのか?
球技に対する激しい憎しみはどこからきているのか?

そして最後の闘いが始まる。


第24回公演「暁に燃える白球を追え」OP映像





お問い合わせ先

◇当ウェブサイトに関するお問い合せ、チラシ挟み込み依頼など

choukagekidan@yahoo.co.jp
HP管理人 どうまる

◇メディア(テレビ・雑誌など)出演依頼

urukenuruken@gmail.com
携帯電話 080-4965-8242
超歌劇団主宰 うるけん一郎太