×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

超歌劇団オフィシャルWEBサイトへようこそ!

活動履歴stage

第28回公演「どらえも のびと肉体慕情」

第28回公演「どらえも のびと肉体慕情」

日時 2007年7月15日(土)19:00〜、7月16日(日)15:00〜・19:00〜
会場 寿町倉庫
作・演出 うるけん一郎太

出演
どらえも/うるけん一郎太、キテレ/くるっぱぴっこ、コロス/魚人ごろー、奇天烈沙・どら/ハル美、じゃいあ/池ヶ谷馨、じゃい/味の素あ〜や、しず/堀田早樹子、トンガ/鈴木創、ブタゴリ/オマンキーゴーズトゥーハリウッド(ゴキブリコンビナート)

スタッフ
制作・音響・音響オペ/笹木良子、映像/笹木祐、照明・チラシ/鈴木創、美術/池ヶ谷馨、衣装/ハル美、メイク/真田万佐美(梅惡烈怒蘭)、受付/馬走POM・太田昌樹・真田夫人の夫


「フォトギャラリー(写真をクリックすると拡大されます)」

第6回公演「どらえも のびと肉体友情」第11回公演「どらえも のびと肉体奴隷」に続く「どらえもシリーズ」第3弾。

稽古中に、うるけんが3mの高さからコンクリートの床へと落下。
団員、蒼白・・・。
腰を激しく痛めるも何とか公演を終える事が出来た。


前説で選ばれた4名のお客さまが劇中にて「親衛隊」として武器を持たされ格闘、そして神輿を担がされる。
ご協力ありがとうございました!


謎の老人キテレツサ。
キテレツサの妖しい力で操られていく街の小学生たち。
操られ再び悪の道へと暴れ出すじゃいあ

のびを失った喪失感から、あてどもなくさまよい無気力な日々を送っていたどらえもは、操られたしずのニセ情報を聞き日吉町(静岡市葵区)に向かう。
そこでのびに似た少年キテレと出会う。

キテレツサを付け狙う小学生ブタゴリの攻撃により倒れたキテレツサの力を受け覚醒する「ブラックキテレ」。

暗躍するキテレツサの目的は!?
その真の正体とは!?

巨大ロボとの戦い。
そして物語は感動のラストシーンへ・・・。


「どらえものびと肉体慕情」
ダイジェスト映像

「どらえものびと肉体慕情」
OP映像+おまけ

『超歌劇団感謝祭』使用映像集





お問い合わせ先

◇当ウェブサイトに関するお問い合せ、チラシ挟み込み依頼など

choukagekidan@yahoo.co.jp
HP管理人 どうまる

◇メディア(テレビ・雑誌など)出演依頼

urukenuruken@gmail.com
携帯電話 080-4965-8242
超歌劇団主宰 うるけん一郎太