本文へスキップ

超歌劇団オフィシャルWEBサイトへようこそ!

活動履歴stage

第33回公演「ぼ〜や〜♪よい子だ金出しな!」

第33回公演「ぼ〜や〜♪よい子だ金出しな!」

日時 2009年10月9日(金祝)20:00〜、10月10日(土)19:00〜、10月11日(日)15:00〜・19:00〜
会場 寿町倉庫
作・演出 うるけん一郎太

出演
おじいさん/魚人ごろー、おばあさん/くるっぱぴっこ、桃太郎/うるけん一郎太、かぐや姫/ハル美、赤鬼/味の素あ〜や、乙姫/嘉本明日香、牛若丸/猿顔★こうちゃん、亀(河童ノ助)/鈴木創、金太郎/笹木良子、謎の男/池ヶ谷馨

スタッフ
制作・音響・照明オペ・音響オペ/笹木良子、舞台監督・照明・装置稼働/鈴木創、印刷物/猿顔★こうちゃん、美術/池ヶ谷馨、衣装/ハル美・くるっぱぴっこ、メイク/真田万佐美(梅惡烈怒蘭)、受付/真田夫人の夫・馬走POM、映像オペ/嘉本明日香、映像/笹木祐


「フォトギャラリー(写真をクリックすると拡大されます)」

稽古中に着ぐるみの桃を着けたうるけんが、スケボーに乗り斜面を滑るつもりが失敗、転倒し顔面骨折。
救急車を呼ぶという大騒ぎに。
怪我をした現場(舞台)を確認の為に見た救急隊員の方に
「いい年齢なんだから奥さんを泣かせるような事をしてはダメだよ」
みたいな事を言われた。

そして初の試み裏公演「超歌劇団の裏側 全部見せます」を同時上演。
その名の通り、舞台裏に客席をつくり全部見せてしまおうという企画。
アソコもココもすべて丸見え丸出し企画です。


昔話というものは残酷なものであります。
子供向けにやんわりとアレンジしたものなんてねぇ・・・面白くないでしょ。

ある日・・・、 おじいさんは山へ芝刈りに。
おばあさんは川へ洗濯に行きましたとさ。

そこで2人が見つけたモノ・・・、 光り輝く不思議な竹と、川上から流れて来た大きな桃。
光り輝く竹の中からは美しい娘「かぐや姫」が、 大きな桃の中からは逞しい青年「桃太郎」が。

2人のおかげでおじいさんとおばあさんは、何不自由のないシアワセな余生を送る事が出来ましたとさ・・・。

・・・な〜んて、なるはずがなく!
おじいさんとおばあさんに降りかかる受難の数々。

おじいさんが決意したもの。
それは復讐!!

ぶっちゃけ、この世の中「お金」なんですヨ。

大人の昔話は痛々しい。


「ぼ〜や〜♪よい子だ金だしな」OP

「ぼ〜や〜♪よい子だ金出しな!」
ダイジェスト

ひじきアリーナ
「超歌劇団メモリ〜ズ No.3」

『超歌劇団感謝祭』使用映像集





お問い合わせ先

◇当ウェブサイトに関するお問い合せ、チラシ挟み込み依頼など

choukagekidan@yahoo.co.jp
HP管理人 どうまる

◇メディア(テレビ・雑誌など)出演依頼

urukenuruken@gmail.com
携帯電話 080-4965-8242
超歌劇団主宰 うるけん一郎太